あなたがそれを選ぶわけ

あなたがそれを選ぶわけ

それ本当に合理的に選んでる?

  1. 行動経済学
  2. 相対性とは
  3. 合コンでモテるテクニック

 

行動経済学

生きていれば色々な選択がある。

服、電化製品、お菓子、車…

また旅行の行き先や遊びに行く場所…

後になって、何でそれを選んだんだろう…と自分が選んだのに理由がわからない…

そういう時どういう心理があるのか気になっていつものようにググって調べていると、ある本が出てきました!

 

 

予想通りに不合理

 

これがなかなか面白くて、行動経済学という心理学の分野らしいです。これを説明すると…まぁよくわからん!笑

簡単に言うと合理的なのか非合理的なのかみたいな感じだ!今までの経済学は、人間は自分の利益を最優先しそれを得る為に合理的な選択をする!それに対して行動経済学は、人の心理を含めた時必ずしも合理的な選択をするとは限らないというもの!

…はい、難しいですね⚡️笑

まず合理的とは、道理や論理にかなっていて無駄がないということ!

ますここを覚えておきましょう!

 

相対性とは

そしてこの話をするのに必要なことがもう一つ、相対性という言葉!

はい、またわかりません!笑

ホント無知で…今まで勉強してこなかった事を少し後悔です…笑

Wikipediaですぐ検索…

相対性とは、他との関係にある(相対)という性質のこと。要は、他と比べるということですね。

この本で紹介している例で言うと、

Web版の購読     →59ドル   16人

印刷版の購読     →125ドル  0人

Web版と印刷版の購読 →125ドル  84人

これは、ある会社の雑誌購読する場合の三択の年間購読の値段です。ある学生100人に契約するならどれを選びますかと答えてもらったところ、この様な結果になったということです!

 

Web版の購読     →59ドル  68人

Web版と印刷版の購読 →125ドル 32人

次に一つも票のない印刷版→125ドルという選択肢をなしにしてWeb版と、Web版と印刷版という二つの選択肢にしたところWeb版の方が多くなったとのことです!

この二つの例からわかることは、印刷版という『おとり』があることにより選び方も考え方も変わってしまうということ!

印刷版125ドルという選択があることによって、Web版と印刷版両方の購読で125ドルの方がお得だと考える人間の心理です!

この様なマーケティングを利用している商売はよく見かける!相手の思惑通りに動いてしまったみたいな感じです…笑

次に簡単な相対性の実例を一つ、

この右と左の絵を見て、中心にある⚫️はどちらが大きいと思いますか?

大体の人は、左の小さい丸に囲まれた⚫️の方が大きく感じると思います!

 

ですが正解は左右同じ大きさです!

これが相対性というもので、

私達は身の回りのものを常に他のものとの関係でとらえているということです!

印刷版という『おとり』、⚫️の周りの大きさの違う⚫️という『おとり』のように、それに対して比較になるものがあれば選択は変わってくるということですね!

この『おとり効果』についてこの本では詳しく説明しているので一度見ることをお勧めします!

 

合コンでモテるテクニック

ちなみにこの『おとり』を使って合コンでモテるテクニックも紹介しています!笑

知りたくないですか?

簡単に言うと、

身体的な特徴があなたと同じで、あなたより少し魅力がない友達(おとり)

を連れて行くということです!

これには理由があって、あなたがモテようと思っても相手は周りに比較できるものがないので評価しにくい!しかし、もし『おとり』である魅力がない友達がいるとその人とあなたを比較して、あなたの事を魅力的だなと思うのです!

まぁ少しズルいとか思いますが、実際のとこ無意識にこの心理を使っている友達はきっとあなたの周りにもいると思います!

もしこの心理を使うのであれば、気をつけることが一つだけ…

絶対にバレてはいけません

バレると確実に友達を失います!

この効果を使うか使わないかわあなた次第です

とだけ言っときます!

 

まだこの本を読み始めたばかりで最初の方しか読んでいませんが、最初の2.30ページ読んだだけで興味深い心理がたくさん!

一度手に取って読むと、意外な人の心理や心理的なマーケティング術に誘導されていることに気付くかもしれません!

これからの人生にプラスになることもあるかもしれません!

行動経済学…

こりゃ面白い(^^)

 

さぁ今日も今を楽しんで

人生楽しんでやりましょう❗️

明日やろうはバカ野郎❗️

 

田舎の線路
田舎の単線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です