こんな人には気をつけろ!引きずりおろされる前に

こんな人には気をつけろ!引きずりおろされる前に

悲しんでいる人
悲しんでいる人
  • 鬱っけのある人には気を付けろ
  • 依存してくる人には気を付けろ
  • 自分を卑下してばかりいる人に気を付けろ
  • すぐに落ち込む人には気を付けろ
  • 褒めてくる人には気を付けろ
  • 煽て続けないと機嫌が悪くなる人には気をつけろ
  • サイコパスに気を付けろ
  • これからどう生きるのか

鬱っけのあるやつには気を付けろ

うつむいた人
うつむいた人

鬱傾向にある人は、物事を否定的にとらえる認知傾向を持つ。だから気分が沈む。

物事を否定的にとらえる傾向のある人は、当然相手の言動も否定的にとらえやすいため、敵意を感じやすい。いくらこちらが親切にしてあげたところで、相手は否定的にとらえるため歪んだ解釈をすることになる。

また鬱傾向のある人は、攻撃的感情を抱きやすい。みんなが陽気にしねいるのに、自分だけ落ち込んでいると気分が上がらない自分に対してもどかしい気持ちになる。周囲の陽気な人達にイライラしたり、落ち込む自分に対してイライラて、攻撃衝動を生み攻撃反応をしやすくなる。

つまり、鬱によるイライラが攻撃的な感情に繋がるのである。だから親切にしていたつもりなのに、逆に攻撃を受けて引きずりおろされるなど、痛い目に遭ってしまう。

依存してくるやつには気を付けろ

知り合った初めの頃は、全然おかしい雰囲気がなかったのにそのうちいきなり変貌してしまったということがある。一度依存されると抜け出すのが大変な人だ。

お互い何も知らないうちは、何かを頼まれた時、困っている時だいたい助けるでしょう。一度引き受けるとどんどん頼み事をしてくるようになり、もうやりきれないと思い一度断ると「これくらいやってよ。何でそんなに冷たの?」と非難されるようになる。

新しい仕事場で親切に仕事を教えてくれた人と仲良くなり、よく一緒に帰るようになった。いつも愚痴や悩みばかり聞かされるのが嫌になり、一緒に帰るのを辞めた。その瞬間、「あんなに親切にしてあげたのに、必要なくなったらもう用済みってこと?最低ね」と言われ会社に悪評を流されるようになった。

こんな人達は私達の身近に普通にいるものです。他人に依存し、一人では何もできない人達には要注意です。

自分を卑下してばかりいるやつには気を付けろ

「どうせ俺なんて、、、」「俺はバカだからな、、、」と自分を卑下してばかりいる人にも要注意です。

そんな人に、「次頑張ろうよ」「またチャンスが来るさ」と相手をはげましたつもりでも、相手は「やっぱ俺のことバカにしてんろ?」と怒鳴られる。

この人達は、「そんなことないよ」「分かってくれないあいつが悪いんだ」と自分を否定してほしいだけなのです。できなかった自分をそんなことないよという言葉で否定してもらい、その不安を解消したいのです。

すぐに落ち込む人には気を付けろ

これは鬱傾向にある人と同じ感じである。鬱傾向がある人は攻撃行動を抱きやすいと言いましが、これも全く同じです。

普通の人の感情であれば、落ち込んでいると少し慰めてほしい、同情してほしいと思うだけですが、やたらすぐに落ち込む人は要注意です。

こっちは、大丈夫か?と親身に助けようとしているのに「落ち込んでいる私を見てせいせいしてるんでしょ?」「自分が優位に立てて嬉しいんだろ?」と嫌味を言われる。

嫉妬や妬みが攻撃性を高めるといいましたが、自分より優れている人に対して落ち込む人は、こんな嫌味を言うことで他人を引きずりおろし自分の不安や恐怖を解消しているのです。決して落ち込みやすい人には声をかけない方がいい。

褒めてくる人には気を付けろ

やたらと褒めてくる人にも要注意です。

「本当にすごいですね」「そういうところ尊敬する」などいつも自分を高く評価してくる人、褒めてくる人などもいきなり攻撃的に豹変することがありす。これは、非常に不安定で感情的な人にありがちなパターンです。

相手を好意的に見ているうちは、相手がすごく良く見える。しかし、急に何かの拍子にパッと切り替わってネガティブになり、攻撃してくる。

このタイプはわかりにくいですが、些細なことで急にスイッチが入って裏切られたと思うようになる。そうなるともう止まらず、仲良いと思った人が次の日から態度が変わり引きずりおろすようになる。だから、やたらと自分のことを褒めてくる人には要注意です。

煽て続けないと機嫌が悪くなる人には気をつけろ

このタイプは身近にも多いのでわないかと思います。他人の失敗には上から目線で言うくせに、自分の失敗を責められると感情的になる。

このタイプは劣等コンプレックスが強く、実は自信がなく虚勢を張ってしまうのです。誰かにバカにされるのが怖くて自慢話ばかりをする、比較意識が高く自分が優位に立っていないと気が済まない。自信のなさやコンプレックスを見透かされるのが怖く人から称賛されることで自分を保っているようなところがある。

このような人は身近な価値をおとしめることで自分の方がまだましだといった比較意識によって自分の価値を相対的に保とうとする傾向がある。いつも人をバカにしていて、自分がバカにされた時には機嫌が悪くなる人には要注意です。

サイコパスに気を付けろ

サイコパスは常識が一切通用しない。

友達の悪口を平気で言いふらしたり、友達が自分以外の友達と仲良くしていると「あいつやばいよ、君の悪口言っていたよ」とわざと仲悪くさせるようにしむける。相手が傷つくのをなんとも思わない。自分に被害が及ばなければ何でもする。他人を傷つけることに喜びを感じる。

サイコパスな人というのは意外と身近にいます。要領がよく人の懐に入るのが上手いので他の人は気づかない場合が多い。こいつは頭がおかしいと思ったならあまり関わらないほうがいいでしょう。少しでもその人に気を許すと一瞬で引きずりおろされます。

これからどう生きるのか

いかがだったでしょうか。これらは、
「他人を引きずりおろすのに必死な人」という榎本博明さんの本から学んだことです。もっと詳しく書いてあるのでぜひ見てほしいです。

今のこの世の中を生き抜くためのヒントが確実にあります

自分なりに解釈すると、他人を引きずりおろす人は僕の周りにたくさんいます。友達だと思っている人であったり、家族、親戚、あらゆるところに居ます。

そのたった一人の、引きずりおろす人のせいで自分の人生をめちゃくちゃにされるなんて全く持って腹が立ちます。あなたもそう思うと思います。でも、考えてみると自分にも当てはまることがあるかもしれない。もしかしたら他の人を引きずりおろすようにしていたのかもしれない。反省すべきところもありました。

一番な根元は、日本人特有の甘えという心理!人に依存する事に必死で自分を見失う、誰かに認めてもらわないと自分を保てない、そんな他者に依存する事がこれらのことを巻き起こすのだと思います。他者を気にせず自分見つめ直して他人を引きずりおろす人から自分を守りましょう。

社会に出ればもっとたくさんの引きずりおろしにかかる人がうごめいています。全ての人を助けるなんて出来るわけがない、関わらない方が自分の為になる事だってあります。引きずりおろすように仕向けてくる人から上手く立ち回り自分の人生を豊かにする事を考えましょう。

「他人を引きずりおろすのに必死な人」

それはそうする事でしか人とつながりを持てないかわいそうな人ということ。

  

https://tokutyou.com/tokutyou/5523
https://ashibaca.com/wp-admin/post.php?post=409&action=edit





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です