人生が変わる映画

人生が変わる映画

人生にはたくさんの岐路がある!それは、人との出会いであったり経験であったり人それぞれいろんな場面がある!その中で今日は、人生が変わる映画を紹介したいと思います!

 

『LIFE』

〜生きてる間に生まれ変わろう〜

 

いつどこでどんな出会いがあるかわかりません。この映画も不思議な縁です。

 

簡単に説明すると、

雑誌の写真部で働くサラリーマンでいつも妄想では大きい事を考える主人公。一枚の写真のネガを無くしてしまい、一枚のネガを探しに行くというストーリー。いつもの様にビルの一室に居たのでわ経験できない事を経験する事に、、

小心者の主人公がネガを探すために世界中を飛び回る姿は、見るものをワクワクさせます!あれこれ考える前に行動する大切さを感じさせてくれる素晴らしい映画でした!

そして、旅に出る事がこんなにも簡単な事なんだと気付かせてくれる勇気溢れる物語!

 

ありふれた日常に嘆いてる人にもってこいのこの映画ですが、

裏方の仕事で社会の歯車になっていると思っている人、

なんのやりがいもない仕事でつまらんと思っている人、

表で輝いている人よりも、裏でコツコツ頑張っている人にこそ見て欲しいそんな作品です!

人それぞれ色々な生き方があります。自分の考えを強要する事はできないし、するべきでわない!

世の中には、一定期間仕事してお金を貯めて旅をしに行く人がいます。いわゆるバックパッカーみたいな感じ。僕の友達にも居ます!

また、

一つの会社でコツコツ一生懸命働いてお金を貯めるのもいいと思う。僕の親父がそんな人で、尊敬しているしそれがみんなの思う普通の生き方だと思う!

 

後者の方が普通にお金も貯めて、普通に結婚もできて、当たり前の幸せわ掴めるかもしれません!

でも、もし倒産でもして働き口がなくなった時の対応能力がない。今の世の中、なくなっていく会社の方が多い…

 

前者の方は、やりたい事をして好きなとこに行ける、いろんな人に出会えて経験知識がつく、誰にも邪魔されず自分の人生を生きれる!

しかし自分のやりたい事をやる代わりにお金も使う、他の人がやらない事だから批判も受ける、常にリスクがつきまとう、、、

でも、

どちらにしてもリスクわある、本当の安定なんてないのかもしれません。だったら自分にしかできない生き方をして人生楽しんだ方がいい!自分にしか出来ない事を仕事に出来るかもしれない!

全てを持ち合わせた人なんてどこにもいない、何をしたって必ず後ろを振り返りたくなる、それなら僕は迷わず前者を選ぶ!

 

"To see the world
Things dangerous to come to
To see behind walls
To draw closer
To find each other and to feel
that is the purpose of life"

"世界を見よう
危険でも立ち向かおう
壁の裏側を覗こう
もっと近づこう
お互いを知ろう
そして感じよう
それが人生の目的だから"

 ”映画LIFEより”

 

  

誰かの為に生きるより誰かに認められる生き方より自分の人生を生きたいそう思えた時

あなたの中の何かが変わり始める、そうなったらもう行くしかない

壁を越える勇気を持とう、人との出会いにはそれだけの価値がある

  

   

あなたの人生が変わるきっかけになればいいなと思います!

それでわ良い1日を(^^)

明日やろうはバカ野郎❗️

角島大橋(山口県)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です